XMの評判をチェック!総まとめ

XMの口座開設方法を画像付きで完全解説!

XMの口座開設方法を画像付きで完全解説!

本ページでは、XMの口座開設方法を1から10まで分かりやすく解説します。

このページを見ながら登録作業を進めていけば、初めての方も最短3分で登録を行うことができます。

パソコンの操作が苦手な方でもすぐにXMでトレードが開始できますよ。

\ たった3分で完了 /

「XM口座開設の流れ」と「必要書類」について

まず、海外FX業者XM(XMTrading)ですが、公式サイトは日本語に対応しています。だから、安心して口座開設が可能なので心配不要です。

そして国内の証券会社と違い、会社の名前や会社の所在地電話番号などを登録する必要がないので登録はとっても簡単なんです。

郵送の受け取りも不要、すべてインターネット上で手続きを済ませることができます。

口座の開設作業から実際に投資を行うまで、3〜5分程度の作業時間が用意できれば大丈夫ですよ。

また、登録の際には以下のものを用意しておくと、開設作業がスムーズに進むので事前にチェックしておいてくださいね。

らびっと

確かにXMの口座開設は、すぐ終わったわ

口座開設の流れ

STEP.1
STEP1
個人情報等の入力
STEP.2
STEP2
XMから確認メールが届く
STEP3
STEP3
XMのサイトにログインして必要書類を2枚提出し、口座開設完了
 

XMの登録に必要なものはたったの2つ

XMの口座開設には以下の書類が必要です。

XMの口座開設で必要な書類は2つ
  • 身分証明書
  • 住所確認書

身分証明書の例

身分証明書の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)
  • 住基カード

身分証には、名前(フルネーム)、発行日または有効期限、出生地および生年月日、または納税番号や署名があることが条件となっています。

住所確認書の例

住所確認書の例
  • 公共料金の請求書(電気・ガス・水道・インターネットなど)
  • 日付が過去6カ月以内に発行された銀行の利用明細書で、登録住所が確認できるもの

事前にこの2つの書類を撮影した画像(スマホで撮った写真でOK)を用意して、登録作業に進むとよりスムーズです。

らびっと

カメラ撮影の際は、影が映らないように気をつけよう!

ちなみに、事前に書類の画像を用意できなくても仮登録まですぐにできるので、まずは仮登録、その後にゆっくり提出という形でも大丈夫ですよ。

 

XMの公式サイトにアクセスする

らびっと

いよいよ、XMの口座開設だね!

下のボタンからXM公式サイトにアクセスをしましょう。

\ たった3分で完了 /
ご注意
GoogleやYahoo!などの検索窓からアクセスすると、別会社のXM.COMに繋がる可能性もあるので、必ず上記URLからアクセスしてください。

 

上記URLにアクセスすると、以下のページに繋がります。

この画面にアクセスできたら次に、右上の「リアル口座開設」もしくは「口座を開設する¥3000の取引ボーナスで開始しよう。」と書かれた緑色の部分をクリックして、登録画面へ進みましょう。

XMのリアル口座登録 1ページ目

リアル口座を開設するにはXMTradingに以下の情報を英数字で入力する必要があります。

  • 氏名(苗字と名前)
  • 居住国
  • 希望言語(日本語を選択)
  • 電話番号
  • Eメール

 

入力例

個人情報の入力方法

氏名等はローマ字で入力、希望言語は「日本語」を選択します。

電話番号は、+81の後に0を抜いて登録しましょう。

電話番号の記入例

090→90~

080→80~

03→3~

※81は日本の国際番号です

Eメールはお使いの携帯のメールアドレスはもちろん、Gmailやyahoo!メールといったフリーアドレスで登録することも可能です。

「XMに登録したら迷惑メールが届くんじゃないか?」と不安になる方もいると思いますが、基本的にXMからは営業日に関するお知らせ等の重要なメールを除いて、変なメールが届くようになることは決してないので安心してください。

取引口座詳細の入力方法

この欄の内容はFX投資に馴染みがない方だとなんのことだかさっぱりだと思いますが、とりあえず特別な理由がない限りは、先ほどの画像の例のようにそのまま登録してもらえばOKです。

取引プラットフォームはMT4口座タイプはスタンダード口座を選びましょう。

MT4とMT5の違い
MT4は豊富なインジケーターが多く使えますし、不明点が出てきた際にネット上の情報も豊富です。また自動売買をする方におすすめです。多くの人はMT4を選択します。

一方、MT5はMT4の後継ソフトに当たり動作がサクサクだったり、時間足が豊富だったりとメリットもありますが、現状ではMT4を選択しておく方が無難でしょう。

口座タイプによる違いを簡単に説明しますと、次の通りです。

口座タイプの説明
  • 「スタンダード」は、初心者に最もおすすめできるベーシックな口座です。
  • 「マイクロ」は、少額投資向けの口座
  • 「ZERO口座」は低スプレッド に特化した口座です。しかし、別途で取引手数料が発生したり、入金ボーナスの受け取りができない制約あり。上級者向け口座という位置づけ。

特別な理由がない限りは、スタンダード口座を選択しておけば大丈夫です。

ちなみに、XMでは複数の口座を開設することも可能になので、後々別の口座タイプを使いたくなっても安心です。

また、取引プラットフォーム(取引をするのに必要なもの)もMT4とMT5の2種類選べますが、MT5を使いたい特別な理由がないのであれば、ここは最も利用者数の多いMT4を選択しておきましょう。

以上の情報を入力したら、「ステップ2へ進む」をクリックして次に進みます。

XMのリアル口座登録 2ページ目

2ページ目は入力項目が多いのでやや大変ですが、これを終えたら面倒な口座開設手続きはほぼ完了するので頑張りましょう!

このページでは以下の情報を英数字(氏名除く)で入力する必要があります。

  • 氏名(苗字と名前を全角カナで)
  • 生年月日
  • 住所詳細
  • 取引口座詳細
  • 投資家情報
    口座パスワード

 

入力例

個人情報の入力方法

まずは氏名をカタカナで入力、生年月日をそれぞれ選択します。

住所詳細の入力方法

住所はすべて英数字(英語)で入力します。

ここで面倒くさく感じてしまって、XMへの登録を尻込みしてしまう方も多いと思いますが、ちょっと待ってください!

JuDressというサイトを使えば面倒な英語での住所登録もとっても簡単なんです。

JuDressの使い方

JuDressにアクセスをして、まずお住いの郵便番号を入力、そして「住所検索」をクリック。

住所が表示されると多いますので、番地と建物名も入力して「実用的に変換」をクリック。

これだけで、自動的に英語表記に変えてくれます。

後はこれをコピーするなどして、XMのサイトに入力しておけばOKです。

取引口座詳細の入力

口座の基本通貨を「JPY(円)」に設定し、レバレッジを「888倍」に、口座ボーナスを「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」に設定します。

XMのハイレバレッジというメリットを十分に活用するためにも、レバレッジは躊躇せずに最初から888倍にしておくのがおススメです!(レバレッジも後から変更も可能です)

投資家情報の入力

国内の証券会社と違って、無職の場合でも審査ではじかれるということはほぼないので、職業欄を含め正直に入力しておきましょう。

投資額・所得額・純資産はドル換算で入力する必要がありますが、ご自身のご予算を100(1ドル=100円)で割った金額を大体で入力しておけばOKです。

<雇用形態について>

例えば、会社員は「被雇用者」に該当します。

<学歴について>

修士・・・大学院修士課程を終了したもの

博士・・・大学院博士課程を終了したもの

口座パスワードの入力

口座パスワードは、8~15文字で英数字の大文字と小文字の3種類が全て含まれている必要があります。


Abcd1234

大文字を必ず含めなければならないため、口座開設後にパスワードを忘れてしまうことが結構あります。

なので、パスワードは必ず紙に書いてメモしておきましょう。

 

以上の情報をすべて入力し終えたら、一番下にある規約への同意にチェックを入れて、「リアル口座開設」をクリックすれば入力作業の完了です!

ニュースレターなどのメールの受け取りに関しては必ず同意する必要はありません、ご自身で受け取るかどうかを決めましょう。

これでXMに登録したメールアドレス宛に、XMから仮登録完了の案内が届きます。

XMから届いたメールを確認しよう

登録作業が完了したら、登録済みメールアドレス宛に次の通知が届きます。

メールを確認したら、24時間以内に「Eメールアドレスをご確認下さい。」と書かれた赤い部分をクリックします。

クリック後、メールアドレスの認証が完了したら、すぐにXMからもう一通のメールが届きます。

 

メールに赤字で記載してあるID(口座番号)と、サーバー名(XMTrading-Real〇)と書かれた部分は、XMにログインするために必要な情報になるのでパスワードと共に必ずメモしておきましょう。

これでXMへの仮登録が完了しました!

らびっと

とりあえず、登録おつかれ〜!

でもあと、少し残っているから忘れないように!

最後に必要書類を提出し、本登録を終わらせよう!

メールが送られてきた時点で仮登録は完了、これで口座を利用することができます。

しかし、¥3,000の口座開設ボーナスを受け取るためには、必要書類を提出して本登録を済ませておく必要があるので、会員ページにログインしたらついでにやっておきましょう。

まずは会員ページにログイン

XMへの必要書類の提出は簡単です。

XMの公式ページトップの左上にある「会員ログイン」をクリックしてログインページにアクセスしましょう。

 

あるいは、先ほどXMから送られてきたメールに記載されている「会員ページへログインしよう」と書かれた赤い部分をクリックしてログインページにアクセスしましょう。

 

 

ログイン画面はこんな感じです。

 

先ほどメモしたIDとパスワードをそれぞれ入力して、ログインをクリックします。

設定したパスワードには大文字が含まれているので、間違わないように気を付けましょう。

本人確認書類を2枚アップロードする

会員ページ(下の画面)へログイン後、画面左上にある「ようこそ(自分の氏名)」と書かれたところをクリックします。

真ん中にある「書類をアップロードする」をクリックしてください。

 

ご本人様確認書類のページが表示されます。

ここで事前に用意しておいた書類を提出しましょう。

XMの口座開設で必要な書類は2つ
  • 身分証明書
  • 住所確認書

提出方法は「参照」と書かれた赤い部分をクリック、それぞれ該当する画像を選択します。

提出する画像を2つとも選び終えたら、「書類をアップロードする」と書かれた部分をクリック、これで登録作業はすべて完了です!

※書類の種類によっては、書類の表と裏を提出する必要があるので要確認です。

 

提出を終えたら、XMから下のようなメールが届くのを待ちましょう。

書類に不備がなく口座が無事有効化されれば、ボーナスを獲得してFX取引を始めることができます!

口座の有効化に必要な時間は、平日であれば大体1~2日程度です。

書類の提出日が週末の場合は月曜日まで待ちましょう。

これでXMの口座開設作業はすべて終了です、お疲れ様でした!

XM口座開設方法まとめ

XMの口座開設作業は、パソコンでの作業が苦手な方であっても比較的カンタンに完了します!

口座登録作業の流れをおさらいすると、たったの3ステップで即完了です。

口座開設の流れを再度整理
  1. 必要情報を入力する
  2. XMから届いたメールでメールアドレスを認証する
  3. 会員ページにアクセスして必要書類を2つアップロードする(口座開設完了)

登録に必要な住所などの情報を英語で入力するのがやや手間ですが、XMのすべてのページは日本語に対応しているので、その点は英語が苦手でも安心できます。

XMはFX投資をするならかなりおススメの証券会社です、実際に私もメインで利用し続けています。

新規でXMの口座を開設すると、取引に使える¥3,000のボーナスを獲得することもできますので、ぜひ登録してみてくださいね。

らびっと

ボーナスもらい忘れたらショックすぎ!絶対受け取っておこう!

 

こちらのXMの評判記事も併せてご覧ください!

XM(XM Trading)の評判は?安全性・メリット・デメリットを総まとめ XM(XM Trading)の評判は?安全性・メリット・デメリットを総まとめ